【生産終了品】後継機種 PRE-73 DLX mk2
2019年秋 に発売開始予定です


★PREQ-73 Premiere はこちら






PRE-73 mk2のすぐれたサウンドをさらに発展させたハイクオリティ・バージョンです。ハイパスフィルターや出力PADなどよりプロフェッショナルなツールを搭載したフラッグシップ仕様のマイク/ライン/楽器用プリアンプです。

PRE-73 DLXは PRE-73 mk2のアップグレードバージョンです。
PRE-73 mk2とは以下の違いがあります。


■ タンタルコンデンサーをシグナルパスで使用
■ NEVE1073スタイルのハイパス(ローカット)フィルターを装備(50Hz, 80Hz, 160Hz, 300Hz選択可能)、18dB/オクターブのロールオフ
■ 出力にPAD機能を追加、 -7, -14, -21, -28 dB を選択可能。アウトプットトランスの後にこの機能を設けたため、より前段でのゲインを出力トランスに突っ込み、トランス特有の倍音を強く引き出すことが可能。歪みを演出しつつも適正なレベルで出力することが可能に
■ Carnhill Mic/ Lineトランスフォーマーとハイパスインダクターを搭載可能なサーキットボード
■ EQ-73用インサートジャックのインまたはアウトのスイッチングが可能
■ スイッチング可能な600オームの出力ターミネーションとグラウンドリフト
■ 選択可能なアクティブ、またはパッシブDI入力。アクティブモードでは内部のジャンパー設定でHiZまたは100kオームの入力インピーダンスを選択が可能。
■DI信号がマイク入力のトランスフォーマーを通過するか。バイパスするかを内部ジャンパーで設定可能(アクティブDI、またはパッシブDIの両方を切替えて仕様が可能)
■DI , ファンタム電源, マイクLOW-Z,インサート、フェイズなどのパネルコントロールにはリレーを使用。回路上のシグナルパスを最短に設計。
■ 再設計されたゲインスイッチによりヘッドルームを向上
■ グラウンド設計のリビルト
■ オーディオ回路とリレー、LED回路を独立させた再設計されたパワーサプライ回路



製品詳細へ



















カテゴリーから探す