一緒に購入されている商品



音楽制作をマルチサポートする
スタジオリファレンス・ヘッドホンアンプ

BTL-900はミックスやマスタリング作業から演奏時のモニタリングまで、ミュージック・クリエイターの為に専用開発したスタジオリファレンス・ヘッドホンアンプです。

音楽を構成する全ての要素が立体的に再現され、正しいミックスバランスでのモニタリングが達成されています。演奏時のプレイバックモニター時には、リズムや音程、各楽器の定位や強弱などを鮮明に聴きとることができるため、より良い演奏とベストテイクに貢献します。



立体的な表現力、「BTL駆動」にも対応

BTL-900は標準ステレオフォンプラグに加え、4ピンXLR接続による「BTL駆動」を標準でサポート。「BTL駆動」では、定位・分離感が飛躍的に向上し、ディテールをより明瞭に、立体的に聴きとることができるようになります。

演奏の繊細な表現や正確なリズムなど、各楽器のニュアンスが鮮明になる事で、プレーヤーの演奏や音作りに対するアプローチ、コントロールの方向性が明確になります。各楽器の役割や立ち位置が分かりやすく、自分の演奏のモニター音量を大きくしなくてもクリアで明確なモニタリングが可能になります。
最終的なミックスバランスに近い形でモニターでき、芸術性の高い演奏を引き出す事に貢献します。

BTL-900を楽器やボーカルのレコーディングに是非ご利用ください。もちろんスピーカーで聴いているかのような自然な音場とリファレンスサウンドは、ミックスやマスタリングなどの制作用モニタリング・デバイスとしても最適です。




MDR-CD900ST ヘッドホンに特性を最適化

MDR-CD900STはレコーディングモニターに求められる多くの条件を高いレベルでクリアしている業界標準のスタジオヘッドホン。BTL-900はシングルエンド駆動(標準ステレオフォンプラグ接続)でも、BTL駆動でもMDR-CD900STの性能を十二分に発揮できるよう細部にわたりチューニングされています。特にBTL駆動ではMDR-CD900STを理想的に駆動、音楽信号の倍音構成まで崩すことなく正確なモニタリングを可能にします。MDR-CD900STのBTLモディファイはユーザーが自分で行えるだけでなく、改造サービスもご利用いただけます。



【主な特徴】
■ MDR-CD900STスタジオヘッドホンに特性を最適化
■ 立体的な表現力「BTL駆動」にも対応
(標準ヘッドホンでももちろんご利用いただけます)
■ 2系統入力切替(XLR/TRSコンボ、RCA)
■ 電子制御アッテネータによる正確無比なレベル設定
■ 3段階のゲインスイッチ
■ 電源のポップノイズをカットする出力MUTEリレー
■ 音楽制作の基準となるスタジオ・リファレンス・クオリティ
■ 抜け防止・ロックタイプのACアダプター採用)
■ マイクスタンドに設置できる専用アダプター(別売)



製品の詳細はこちらよりご覧くださいませ。
http://umbrella-company.jp/umbrella-company-btl-900.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



・MDR-CD900STのBTL改造済(新品)も一緒にオーダーいただけます→こちら

・お客様所有のMDR-CD900STをBTL改造されたい場合はこちら

・マイクスタンド用の専用アダプターBTL-MSAは→こちら

・CueBoxのヘッドホンアウトからBTL-900に接続したい場合はBTL-CBCをご利用ください→こちら




一緒に購入されている商品

カテゴリーから探す