LANDSCAPE HC-TT2


新しいHC-TT2は従来モデル同様に、オールドスクールなカセットテープを手動でプレイできる再生装置です。アナログレコードをスクラッチするかのように、大きなプレイバックノブを動かすことで「テープスクラッチ」を可能にします。カセットのスピンドルを直接回転させ再生ヘッド上のテープを前後に移動させることができます。再生方向や速度はノブで自由に操ることができるため、様々な演奏スタイルを楽しむことができます。

また新しい「タッチスイッチ」を搭載。ミュート用のタッチポイントではモノラルのオーディオ出力とCV/GATE出力をポイントに触れることでミュート。 I/Oフィードバックのためのタッチポイントでは、タッチセンシティブなアナログフィードバックを可能にしています。

CV/GATE出力や、オーディオ入力、ゲインとトーンのコントロールノブなど、従来モデルより大幅にアップグレード。
カセットテープをあなたの音楽に採り入れるためにLANDSCAPE HC-TT2をご利用ください。





landscape,hc-tt,カセットテープ,スクラッチ,手回し





"HC-TT2" SPECIFICATIONS:




■ 金属製クランク付きで前後に動かせる大型のノブは、ケースにハンダ付けされた4つのボールベアリングを利用して、オーディオカセットテープの応答コントロールと操作を可能にします。 2つのノブを使ってオーディオテープをスクラブすると、アナログレコードをスクラッチするのとほぼ同じように聞こえます。HC-TTにはモーターは内蔵されていませんので、あなた自身の指先がモーターそのものとなります。

■ モメンタリー式のタッチ・ミュート・パッドにより、オーディオ(テープまたは外部)や、CV / Gate信号をミュート/ゲートすることができます。さらにミュートスイッチとフィードバックポイントを同時に触れると、肌が各タッチポイントにどれだけ接触しているかに基づいて変化する奇妙なBUZZYトーンが発生します。

■ ゲインコントロール用のノブにより、十分なゲインと程よいオーバードライブを得ることができます。さらにトーンコントロールと組み合わせて使用すると、さらに信号をプッシュすることができます。低いゲインレベルでもテープを移動させたときに、よりクリーンなオーディオと低いCVを可能にします。 これはCV /ゲート信号の前段でもあり、HC-TTから目的のCV /ゲート量を送信するためにトーンコントロールと連携して使用されます。




landscape,hc-tt,カセットテープ,スクラッチ,手回し





■ Lo-Fiでダーティーなトーンコントロール用ノブを装備しています。ほとんどの低音コンテンツをカットしたり、低音コンテンツをわずかにブーストすることも可能です。このコントロールはCV / Gate前に装備されておりCV / Gateのレベルとレスポンスを微調整することができます。 このノブを回すとスクラブ音がしますが、回路のフィードバック経路に配置されているためオーディオもカットアウトされます。 ノブをすばやく回すとバスドラムのような効果が得られます。タッチミュートを押しながらこの操作をすると、トーンが劇的に変わります。 これはGate信号を送信したり、ノブを回してオーディオを破壊的に「ミュート」するのにも利用できます。

■ HC-TTはモジュラーシンセサイザーを操作する方法として、カセットテープのオーディオコンテンツからCVとGateアウトプットが得られる3.5mmのミニジャック出力を装備しています。 別の言い方をすれば、HC-TTをテープベースの「コントローラ」、または「モジュレーションソース」として使用する事ができます。アナログテープの即時応答性を利用して、システムをカオスにもライトにもモジュレートできるでしょう。ゲート出力を使ってシーケンサーを手動でクランクしたり、CV出力を使ってVCOを "スクラッチ"したり、あなたのシステムをオーガニックに揺れるテープのように聞かせることもできます。

■ I/Oフィードバック・タッチ・ポイントは、回路内のタッチセンシティブアナログフィードバックを可能にします(テープではなく)。作成したフィードバックはCV / Gateにも出力されます。 このフィードバックは、入力されたオーディオだけでなく、あなたの操作されたテープ信号を大きく歪めたり、壊したりします。 入力パッドだけに触れることで、あなたの身体自体をオーディオやCV / Gate出力に、ハムまたはスタティックな無線信号を注入するアンテナに変えることができます(無線周波数と結果は場所によって大きく異なります)。 入力パッドに触れながら、ノートPC、携帯電話、その他のEMFを出力する機器の音を聞くためのもう一方の手をローファイの「サーキットスニファ」として使うこともできます。 両方のパッドに触れて、タッチミュートスイッチの側面に向かってわずかに接触している間は、フィードバックの特性を変更してより液体のように聞かせることもできます。 3つすべてに直接触れることで、蜂や蚊のような色調が聞こえます。各タッチパッドと接触する肌の量によってトーンが様変わりします。

■ カセットテープは、両方のノブを持ち上げてからカセットスピンドルを通して下のボールベアリングに差し込むことでセットされます。カセットテープはプレイバックのスタイルに順応し、再生方法によって損傷されることはなく、テープをもつれるてしまう問題をほぼ解決しています。





landscape,hc-tt,カセットテープ,スクラッチ,手回し




・1/4 "モノラル出力
・1/4 "モノラル入力(HC-TTの回路をローファイオーバードライブおよび再生可能なタッチフィードバックプロセッシングデバイスとして使用することを可能にします)
*この入力の信号はカセットテープとは別系統です(テープは通りません!)入力はCV / Gateアウトにも処理されます。 タッチミュートは、着信オーディオもミュートします。
・12V電源アダプター付属
・全体の構造は7つのImmersion Gold PCBから作られています
・重量:約363g
・無作為に選択されたカセットテープ1本付



landscape,hc-tt,カセットテープ,スクラッチ,手回し





HC-TT2 VIDEO

































カテゴリーから探す